10月6日から始まるメタルギアオンラインをまとめてみた

metaon

10月ひとつの楽しみが「メタルギアオンライン」がスタートすること。簡単にいってしまいえばオンラインで他ユーザーとドンパチ合戦です。メタルギアオンラインにはいくつかのステージ、ミッション、クラスがあるので簡潔ですがまとめてみました。

メタルギアオンラインの対戦ミッション

バウンティーハンター

各チーム、チケットを持つことになり先にチケットを0にしたチームの勝利といったルール。相手チームのチケットを減らすには相手を殺傷する。または気絶、眠らせてフルトン回収することでチケットを奪うことができます。面白いルールとして賞金首ポイントがあり、フルトン回収することで相手の持っている賞金首ポイント分、自軍のチケットを増やすことができます。

チームデスマッチ的な要素が強くメタルギアオンラインのミッションではバウンディ−ハンターが一番活気づくのではないかと私は予想しています。

クローク&ダガー

潜入チーム、防衛チームと分かれます。潜入チームはデータディスクといったアイテムをマップ上から探し回収。アップロードポイントまでデータディスクを保持してアップロード作業を完了させれば勝利となります。

逆に防衛チームは最終段階のデータディスクアップロードを阻止すれば勝利となります。クローク&ダガーのルールとして潜入チームは非殺傷武器のみ。防衛チームは殺傷武器のみといった指定ルールがあります。そしてクローク&ダガーの怖い部分が一度倒されてしまうと二度と戦場に復帰できません。かなり緊張感のあるバトルが楽しめるミッションとなりそうです。

コムコントロール

攻撃、防衛チームと分かれます。
攻撃チームの勝利条件は防衛チームが持つ通信タワーの制圧、機密書類のダウンロードです。制限時間内に2つの条件を満たせば勝利となります。

防衛チームは単純にそれを阻止します。また通信タワーが制圧されても自軍の誰かが一定時間、通信タワー内に居続けることで再度、通信タワーを制圧仕返すことができます。バトルフィールドのコンクエストのようなルールでしょうかね。

メタルギアオンラインのステージ

Jade Forest

アフリカ奥地の地形を表現したステージです。民家、橋、壊れた飛行機、高低差のある地形となっており色々な戦略で攻略できそうで面白うそうです。このステージでバウンティーハンターをやるなら、最初は地形を見渡せる高い部分に行きマーキング。

相手の位置を割り出したら高低差を活かした移動で隠れながらCQCを決めていきたいですね!

Red Fortress

アフガニスタンのソ連軍基地をイメージして作られた地形です。スクリーンショットを見る感じ、建物はあまりなく高低差のある地形のように感じます。どちらかというと隠れずにエイム力を競い合いドンパチ、ヒャッハーするようなステージのように感じます。

Gray Rampart

ダム、川、2つの施設を橋が繋ぐステージ。建物内で隠れながら相手に近づき、CQCをかますことができそうな楽しみなステージの1つです。ダムは背も高いので偵察クラスでスナイパー装備で砂るのが面白いかもしれません。私は重装クラスでアサルトライフル、グレポンでガンガン特攻していきたいと思っています。

Amber Station

ガス精製所をイメージしたステージ。階層の違った建物が連なっているので高低差を活かした戦略ができます。地形的にも入り組んでいるので緊張感のある戦いができそうなステージ。

Black Site

GZの舞台となった米軍基地の9年後をイメージしたステージです。GZでやりこんだステージだけにココでオンライン対戦ができるのはヤバイですね♪アドレナリン出まくりそうです。Black Siteも楽しみにしているステージです。ウォーカーギアで走り回って暴れ回りたいステージです。

メタルギアオンラインの兵士属性(クラス)

偵察クラス

索敵能力が高いクラスで、スナイパーライフルを武器として持つことが可能。公式の発表では体力、移動速度ともに、標準的能力値にしてあるようなので初心者におすすめとされています。ただ、BFやCODでもそうですが、スナイパーは基本的に上級者が使ってこそ、真価を発揮するクラスだと思っています。弾を当てるのが難しいですからね。敵を倒す部分以外でチームに貢献する意味では初心者におすすめだと思っています。

重装クラス

体力、強武器を使用できるのが重装クラスの強み。
オンライン対戦では相手と撃ち合いたい人は迷わず重装クラスでしょう。私もまずは重装クラスから対戦していこうと思っています。デメリットは移動速度は近接戦が苦手ということ。私は中距離戦が得意で好きなので迷わず重装でいきます。

潜入クラス

重装クラスとは真逆の特徴を持ったクラスです。
移動速度は早いけど体力は低い。近接戦が得意で中距離〜長距離には向かないクラスです。ステルス迷彩が使えたりとアクションゲーが得意な人向きといった印象です。相手の裏を取る。重装クラスのでサポートに回るといった戦略が良いでしょう。公式の発表では上級者向けのクラスとされています。

さて、10月6日まであと1週間です。
実際のプレイ映像等は9月17日〜同月20日まで開催されていた東京ゲームショウで公開されていました。YouTubeの映像を見る限り、意外にも展開の早いオンライン対戦となりそうな感じです。とてもワクワクしてきますね。

10月6日はオンラインで会いましょう。
オンラインでは「挙手注目礼」をするのでぜひ、バディを組んでやってください♪