占い師になるってなんか資格が必要なの?

占いって意外と人気職業だったりします。年齢関係なくできますし、一度身につけてしまえば一生使える技術でもあります。そんな占いですが、看護師や調理師のように教育過程がはっきりとわかる職業と少し縁遠いです。占い師になるために学校を出て、決まった制度を学ぶといったものも存在しません。

一昔前であれば師弟関係を結び、弟子として師匠の技術を学ぶのが一般的でした。

しかし、最近では占いの専門学校であったり有名先生が教室を開いていたりと占い師になるための間口は大きく広がりつつあります。占い師になるためには特に資格を必要としませんが、占術、知識、コミュニケーション能力などが問われてきます。

人気の電話占いも資格は必要ありません。

占い業界には複数の団体が存在しており中には認定証や資格なるものを発行しているケースもありますが、民間資格になるので持っているからといって特別待遇などがあるわけではありません。

ただ、どこか大きな団体に所属している方がお客さんには安心感をを与えることができて拍もつく感じがしますよね。

ですから、まず占い師になるには占術を覚えて極める。これが一番大事です。基本を持っていないといくらコミュニケーション能力があってもお客がつきません。

専門学校などにいけば基礎は教えてもらうことができますが、やはり自分で勉強することも大事です。専門学校や教室の多くは人気ある占術ばかりとなります。ちょっとマニアックな占術はやはり弟子入りしたり独学で勉強する必要があると言われています。

医者になるよりも障壁はないですが、売れる占い師になると一握りとなります。

人生経験も必要ですし、何より占術によって出たシグナルを自分のフィルターを通して相手に伝えることになります。そこをどう上手に相談者と結びつけて元気がでるようなアドバイスをするかは経験を通してでしか上手に語れない部分でもあります。

占いといった職業に興味を持ったなら、まずは弟子入りできる先生を探す、養成所や専門学校を探すなどして技術や知識を取り入れていくことからはじめましょう。