占いをしてもらう場合、良い鑑定士を選ぶ方法

占い師や霊能者へ悩みを相談する場合、どういった先生に視てもらうのが良いか迷ってしまうケースは多々あると思います。良い占い師を選ぶには悪い占い師の特徴を知ってそれに当てはまらない先生を取捨選択していくといった方法が良いです。1回で相性のピッタリ会う先生を見つけるのは困難かもしれませんが、継続的に色々な先生に見てもらっていれば必ず自分のおメガネに叶う先生と出会うことができます。

一つ目として不吉な予言ばかりする先生は良くありません。そして不吉なことが起こるのは示したのにそれを解決する対策や開運法も言わない占い師の方は避けるようにしましょう。占いは悩みを救うためにあります。それをさけて良い運命に向かうためのアドバイスをするのが占いでもあります。そういった解決方法を言わない占い師は業界では偽物とも言われています。

そして2つ目としては占い師自身が運を持っているかどうかです。

運が良い方というのは自分の判断に任せて生きてきた結果がついてきている証でもあります。単純ですが占い師自身の判断が正しいといった結果に繋がるので鑑定後のアドバイスを実践すると良い方向に導かれやすいものとなります。

逆に運の悪い占い師は自分では良かれと思って判断したことが裏目に出ており悲惨な状況を生んでいるわけですからアドバイスをもらってもあまり良い結果に繋がらない可能性だってあります。

一般的に見ても成功している方のアドバイスというのは実行すると良い結果になりやすいです。失敗している人のアドバイスはごもっともに聞こえますが実は的外れなんてケースも多くあるので占い師自身に運やツキがある方かどうかを聞いてみましょう。

そして最後ですが、鑑定を受けた結果、あなたは満足したのか?元気を湧いてきたのか?といった自分の気持ちも大事になります。鑑定を受けた後に不安になったり気持ちがガッカリしたようでは良いアドバイスや解決策を言われなかったと等しいです。

ヤル気がなくなることは運が悪くなっている証拠でもあります。そういった占い師のアドバイスは忘れて次の占い師さんに早急に見てもらうと良いです。